骨格ウェーブさんに似合うワイドパンツの選び方

骨格ウェーブに似合うワイドパンツ

骨格ウェーブさんは腰回りにハリがあるので、「ワイドパンツを履くと太って見える」「全身がもっさりする」といった悩みを抱えていませんか?

とはいえ、ワイドパンツは履き心地がよく楽ちんなので、積極的に取り入れたいアイテムですよね。

実は骨格ウェーブさんでも素材、丈の長さ、アウターを工夫すればワイドパンツも綺麗に履きこなせます。

今回は太って見える原因を紐解きながら、似合うワイドパンツの選び方を解説します。

目次

骨格ウェーブさんが事故るワイドパンツとは

骨格ウェーブでワイドパンツが似合わない?

ワイドパンツはゆるっとした履き心地で、普段使いにちょうどいいアイテム。

でも、骨格ウェーブさんがワイドパンツを着ると事故ることが多いんですよね。

その原因は、ウェーブさんの特徴を活かすことができていないことです。

そこで、よくあるお悩みにある「腰回りが大きくなる」「スタイルが悪く見える」について解説します。

パンツの丈が身長と合っていない

ワイドパンツは、一般的なパンツと比べて裾幅が大きく広がっているので、サイズ選びを間違えると体が大きく見えます。

まずはパンツの丈が身長と体型に合っているか確認しましょう。

スニーカーと合わせるときは、丈が長いと足元までズルズル引きずっているように見えるので気をつけてください。

それだけで下半身がだらしない印象を持たれてしまうのはもったいないですね。

ワイドパンツで足首が隠れてしまう場合は、ヒールを合わせるとすっきりして脚長効果が期待できますよ。

体が大きく見える膨張色を選んでいる

「パンツの丈は合っているのに、なぜか太って見えてしまう」

もしかすると、その原因は膨張色を着ているせいかもしれません。

ワイドパンツを履くときは体に合うサイズだけでなく、引き締まって見える色を選ぶのも大事なポイント。

たとえば、ホワイトやイエロー、オレンジといった明るめの色は全体の輪郭をぼやけさせてしまいます。

骨格ウェーブさんは筋肉のつきにくい柔らかな肌質なので、余計に大きな印象を与えてしまうわけですね。

モスグリーンやダークブラウンなど暗めの色を選ぶと引き締め効果があるので、意識して取り入れてください。

骨格ウェーブはワイドパンツの着こなしが難しいって本当?

骨格ウェーブさんが、ワイドパンツの着こなしを苦手にしている理由をひとつずつ見ていきましょう。

腰回りが横に張っている

骨格ウェーブさんは腰回りが横に張っているため、どうしても下半身にボリュームがでやすいです。

一見するとワイドパンツは下半身をカバーしてくれそうに思うかもしれません。

しかし、腰が台形に広がっているので、さらに横の広がりが目立ってしまうのです。

ワイドパンツを履くと全体的にもっさり感が出て、足が短く見えると感じたことありませんか?

その場合は、骨格ウェーブさんに似合う素材やシルエットを選ぶようにすれば、ワイドパンツでもスタイルよく履きこなせますよ。

下半身に脂肪がつきやすい

上半身は薄く鎖骨もハッキリ出やすい華奢な体型ですが、その反面下半身はお肉がつきやすいです。

さらに、やわらかな肌質で筋肉がつきにくいため、ゆるりとした印象になりがち。

だからこそ、ワイドパンツを履くときは、ぽっちゃりと見えないための工夫が大切です。

履きやすいし動くのが楽だからと、サイズが大きいものを選んでいる人は要注意。

隠したいはずの下半身を強調する結果になっては、意味がありませんよね!

意外に自分では気づかないまま履いているケースも多いので、改めて鏡でチェックしてみてください。

トップスとのバランスが悪い

ワイドパンツのように下半身が重めのファッションは、上半身とのバランスが大事です。

上手く着こなせていないように感じる原因は、トップスと相性が悪いのかもしれません。

トップスやアウター がダボッとしたものを合わせると下半身だけじゃなく全体が大きく見えます。

ワイドパンツでもスリムに着こなすなら、トップスはインして全体の重心を上に上げるのがおすすめ。

骨格ウェーブに似合うワイドパンツの選び方

骨格ウェーブさんのワイドパンツ選び方

骨格ウェーブさんに似合うワイドパンツの種類や選び方のポイントを紹介します。

まずは、普段のファッションに取り入れられそうなことから始めてみてください。

ハイウエストでスタイルアップ効果を上げる

骨格ウェーブさんの着こなしで定番なのは、ハイウエストのパンツです。

骨格ウェーブさんはウエストの位置が低めで、筋肉量が少ないためお尻も平面的な人が多いためウエストを高い位置に見せることができれば効果的なスタイルアップになります。

おすすめは、ハイウエストのワイドパンツ。

ウエストの位置が高くなれば裾の広がりも目立たなくなり、パンツのシルエットを崩すことなくスマートに履きこなせますよ。

さらにウエストをベルトや紐でキュッと絞ると、引き締め効果で全身が細く見えます。

このように体の細い部分を強調すれば、ワイドパンツでも太って見える心配がありません。

短めの丈で足首を見せる

ワイドパンツを履くと、モサッとした感じが出てしまいませんか?

それは、抜け感がないことが原因です。

オシャレな雰囲気を出すなら、手首や足首など、体の細い部分を見せるようにするだけでも印象が変わりますよ。

できるだけ、足首が見えるように丈は短めのワイドパンツを選ぶのがベスト。

大人っぽいパンプスやヒールを合わせると 女性らしく上品なコーディネートに仕上がります。

より引き締め感を出すならパンプスの色は明るいものよりも暗めを足元にもってきましょう。

適度にハリ感のある素材を選ぶ

骨格ウェーブさんは女性らしい曲線の体型が魅力のひとつですよね。

洋服もパリッとした生地よりソフトな素材が似合う傾向にありますが、ワイドパンツは柔らかすぎると腰の横幅が目立ってしまいます。

気になる部分をうまくカバーして体のラインを綺麗に見せるなら、適度にハリのある素材を選ぶといいでしょう

お尻のサイズに合わせる

骨格ウェーブさんは、ウエストが細めなのに比べて腰回りはボリュームが出やすいですよね。

だからウエスト重視でサイズを選んでしまうと、お尻が窮屈で動きづらくなってしまうのです。

下半身がパツパツになってしまうのは見た目がかっこ悪くなるので回避したいところ!

気に入ったデザインを見つけたら正面だけでなく、後ろ姿のシルエットもきれいに見えているかチェックしてください。

ワイドパンツは、ベルト代わりにリボンや紐付きタイプが多いので、ウエストの緩さ対策もバッチリできます。

縦長シルエットを意識する

ワイドパンツは、下半身に重心がいくのでトップスやアウターを工夫すると綺麗に着こなせます。

ポイントとしてはロング丈のアウターやカーディガンで縦長シルエットを作りましょう。

ワイドパンツの広がりが抑えられて、スタイルがよく見えるのも大きなメリットですね。

前開きのワンピースと合わせるとガーリーな雰囲気になって可愛いさもアップ!

インナーとワイドパンツを同じ色でまとめれば、おしゃれ感が出るうえに腰の位置をごまかせます。

ワイドパンツには体にフィットするトップスがお似合い

骨格ウェーブさんに似合うトップスでおすすめなのは、なるべく肌に密着して体のしなやかなラインが綺麗に出るものです。

骨格ウェーブさんは下半身と比べて上半身は薄めなので、フリルやレースでポイントを持ってくるのが定番。

首周りの寂しさをカバーしてくれる襟つきのブラウスなら、きちんと感が出るのでオフィスコーデにも最適ですね。

生地は厚めのカチッと感があるものより、ふんわり優しい印象の素材が似合います。

骨格ウェーブさんに似合うワイドパンツの選び方まとめ

ワイドパンツもさまざまなデザインや素材があるので、自分の体型に合うものを選べば着こなせるようになります。

「骨格ウェーブだから似合わない」と諦める前に、しっくりこない原因を見つめ直しましょう!

以下のポイントを意識しながら選んでもらえれば、きっとあなたに合うワイドパンツが見つかるはずです。

骨格ウェーブお似合いワイドパンツのポイント
  • ハイウエストが定番
  • 足首が見える短めの丈にする
  • 適度にハリ感のある素材が良い
  • 縦長シルエットにする
  • トップスは体にフィットするものを選ぶ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次